読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え?ユマニチュードがとにかく安い♪

読みやすいし!すぐにでも実践できるので!おすすめです。人としての尊厳をいかに守るか。わかりやすいです。

こちらです♪

2017年02月28日 ランキング上位商品↑

ユマニチュードユマニチュード入門 [ 本田美和子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

特別なことではありません。施設より、病院向けな印象ですが日々ケアするなかで役立てたいです。確かに!常識的な内容ばかりです。最近!介護現場対応方法として!良く耳にする言葉ですが!介護の基本!原点についてかかれている本であり!この本の人気が高いと言うことは!介護の基本が曖昧になりつつあるのではないか…と言う感覚になります。黙々とケアをする事が大切、という意見を目にしましたが、夜間に騒々しくて迷惑とでも言われるのでなければ、なぜ、それが重要なのか分かりません。できれば、施設のトップに知っていただきたい内容です。業務にぜひ生かしたいと思いました。「この本には、常識しか書かれていません。介護の仕事について7ヶ月。いい人ぶってるのではなく、業務上のテクニック、なんですよね。小さな変化が起きれば!そこから変革の可能性がみえます。とてもわかりやすく、入門書としてはとても参考になると思いました。向上を目指しつつも!無理なくやれる範囲で!ケアする側もされる側もお互い少しでも気持ちよく気分良くやっていきたいので!必要な良い本だと思います。原点を再認識するという意味で、良い本だと思います。「知っている」こととそれを「活かす」ことは違うんだなと!改めて認識させられました。しかし介護の現場では!極めて当たり前のことができない人が多すぎるのです。ついに書籍が出たので読んでみました。今年春にユマニチュードを知り!職場で伝えたかったのですが!まだ日本語翻訳されたものがなく!ずっと待っていました。革命・・・起こしてみたいですね。ユマニチュードが施設で実践できたら、事故はほとんどなくなるだろうと思いました。初心に戻り!ここに書かれていることを実践してみることで!被介護者と介護者の信頼関係が築け!よりよくそしてスムーズな介護ができるのでは…現在の職場の職員にも学んでもらえればとこの本を職場に置いています。考えさせられる内容で、タメになります。表紙だけ見るとピアノの教科書みたいですが!内容は老人介護のためのメソッドです。以前講演会に出席した折、DVDを購入しましたが、それよりわかりやすい気がします。すんなり読めました。文章が優しさにあふれていてね読んでいてとても心地よかったです。介護の現場で感覚的に行ってきたことを!きちんとした裏付けをもって語れるようになったことが!一番うれしかったです。介護されることが理解できないからでしょうか、叩く、引っ掻く、つねる・・・どうしたら理解してもらえるのか、私を受け入れてくれるのか、日々考えていました。立って歩く!素晴らしいことですよね。特別なことではありません。話しながらでも!ケアは出来ます。個人レベルでは、改善できないことも多いでしょう。当たり前のことを!より高いレベルで実践しましょう。人間のための獣医になっていませんかと!問いかけられます。他の方のレビューにもありますが!内容は!極めて当たり前のことが書かれています。これを考案されたジネストさんとマレスコッテイさんのケアの哲学だと感じています。ケアが疎かになったり遅くなったりはしていないつもりです。書かれていることでできてないこと!できない時!も無論あります。当たり前のことです。医療人も、そうでない人にもわかりやすい内容です。私の現場では!立つ=危険です。。黙々としなければ出来ないほど集中する必要はどれほどあるでしょうか?実況中継だけでもいい方向へ向くなら、やらないては無いでしょう。しかし!常識を徹底させると革命になります。知人から借りて私も手元に置いておきたくなり購入しました。しかし、日常業務の中では見落としがちなことも多い。とても共感できる内容であり、介護に携わる人すべてに実践していただきたい内容です。実践しなければならない内容です。老人介護に携わる人は手もとにおいて損はありません。」本の帯の言葉です。初任者研修で!実況中継!を学んで実践しています。読んでみて、なんとなく、言ってることはわかるけど、実践できる?いや、なかなか、実践できずにいます。認知症ケアの方法(?)について!これほど感動した本は初めてです。 患者さんの人間としての人格を尊重する心が生み出した技術ですが、この技術を実践される関係者にも大きな喜びを与えてくれるでしょう。毎日、体が3つくらいあれば良いのに、って思ってるレベルなので、まずは、自分の気持ちを大きくすることから始めないといけないかも・・・病院での看護ではなく、介護を学んだ人なら『知ってる』と、思うことが書かれているのですが、実際、介護現場で働いている人は人手不足や多忙故に全然できていないという思いを抱くのではないかと思います。この本には、私が訴えたい事、訴えていることが網羅されています。認知症ケアの最先端とも言うべきユマニチュード。イラストがやさしくて読みやすいです。